鍵屋の歴史へ 鍵屋の実績へ 営業のご案内へ 花火の特徴へ 15代目の紹介へ 天野道場へ 富道整骨院へ お問い合せへ

15代目紹介

 

天野安喜子 略歴

  • 1970年 東京都江戸川区 鍵屋14代目の次女として誕生
    1986年 福岡国際女子柔道選手権大会、銅メダル
    1990年 火薬類取扱保安責任者免許取得
    1993年 花火製造のため2年間の修行
    1994年 火薬類製造保安責任者免許取得
    2000年 宗家花火鍵屋女性初の15代目を襲名
    2001年 国際柔道連盟審判員資格取得(コンチネンタル)
  • 2005年 国際柔道連盟審判員資格取得(インターナショナル)
    2008年 柔道整復師免許取得
    2008年 北京オリンピック柔道競技審判員(日本女性初)
    2009年 博士号取得(芸術学:日本大学)
  •           打揚花火の「印象」〜実験的研究による考察〜
    2014年 講道館評議員就任

      2018年 文部科学大臣顕彰受章

        2019年 講道館女子柔道七段取得

     2019年 柔道整復師臨床実習指導者取得 

 
 
15代目写真:cタカオカ邦彦

鍵屋15代目として    

鍵屋は、日本文化としての伝統を重んじながら、今の時代にもあった、そして世界に誇れる「花火の質の高さ」にこだわっています。また、「ドドーン」という花火音や会場を盛り上げる音響効果など「音の演出」が私らしさだと思っています。
人々の「愛でる心」を養える…そんな花火大会を目指しています。

観客視点でのデータ分析

花火に関する評論はありますが、数値に裏付けられたデータ分析はありません。私は、花火によって受ける印象を、花火師の視点ではなく、観客の視点で調査・研究を行っています。心理的側面よりのデータ分析では、花火が人々に感動を与え、明日の活力となり、コミュニケーションが活性化することが解析されました。又、花火会場での音の印象を音響音楽学会でも発表しております。花火は、社会貢献の一要素としても、まだまだ可能性を秘めています。

総合芸術としての演出

鍵屋の花火の特徴は、花火そのものの質の高さとイベント全体の演出面です。主催者の方のご要望をお聞きし、イベントの主旨、地域性に応じてデザインしていきます。
自然を舞台にした「総合芸術」として、観客に感動を与えられる演出を行っています。

 
取材、講演、メディア実績
主催
項目
年月日
TOKYOイチオシナビ

地域産業資源紹介

【江戸川区花火大会】

2019年
啓林館 中学校理科教科書 お仕事ラボ 2019年
聖教新聞

ライフスタイル

”花火を愛でる心″は平和の象徴

2019年 5月10日
NHKラジオ 「すっぴん!インタビュー:天野安喜子」 2019年 6月 5日
広報いちかわ 特集1「市川市納涼花火大会」 2019年 7月 6日
Pen/Pen ONLINE

『YEBISU×CREATOR』

2019年 7月15日
散歩の達人 市川の花火はこんなにすごい 2019年 7月20日
日立建材 TIERRA「拝啓・現場小町」 2019年 8月号
シャープ株式会社

AQUOSテレビ(4K/8K)

PR広告(WEB、店頭)

2019年 9月〜
JTBパブリッシング

るるぶ大人の江戸川区

「心躍るイベントへ」

2019年 9月
東京マガジン

Tokyo(2019秋冬号)

女性活躍(天野安喜子氏)

2019年秋冬号
日本テレビ 衝撃のアノ人に会ってみた! 2019年 12月11日
共水連 トーキングカフェ 2020 WINTER